ISって結局どうなんですか?? 上記のとおりです。

今かなりのうわさが飛び交っているISですが、
実際にはどうなんでしょうか??
推測なのか、事実なのか?

作者の弓弦先生の、ブログやツイッターなどを拝見させてもらったりいろんな記事を閲覧したのですが、

ひと悶着あったのは間違いなさそうですが、

重版中止などは過去にもどうやらあったようですし、なにやらどちらともいえない感じが漂っています。

どちらのうわさが有力ですか?

うわさに踊らされるのもなんとも言えないのですが、うわさが事実っぽい半分、終わってほしくない半分で、どうにも納得いきません。

なるべくたくさんの方に、意見をいただきたいです。

もちろん公式発表では内容なので、確実なことはいえないのはわかりますが・・・皆さんの意見を伺いたいです。

因みにツイッターでは、原稿を書いているようなつぶやきは、結構最近のもので発見しました。

回答

打ち切りは本当らしいですね。

あと、アニメ関係でも揉めたとも言われています。ISのアニメが海外で売られた際に作者本人がしらなくて、何故か印税が振り込まれていたとかなんとか……
こういっては何ですが、ほかにも作者自身があまり融通が利かなかったり、評判が悪かったようですね。干された可能性もなきにしもあらずか……
まあ、作品には関係のないことですが、今までのファンを裏切ってしまった結果になったのは残念ですね。
もしかしたら、別の所で出る可能性があるかも……

打ち切りは事実じゃないですかね。 書店で注文票から名前が消えてたり、作者が続きが出せないから という理由で頭を丸めたとも聞きました。

(yahoo!知恵袋より)