早くなく子役の親について、そのTwitterについて、です。

この子の親は若干、モンスターペアレント(ネグレクトも)ではないでしょうか。
外食が多く、子供が寝るといいながら寝られず、Twitterを11時や0時までやっていて生活リズムが整っていないのに注意をしなかったり(仕事の移動中は別)、学校生活のことをTwitterで書かないよう校長や教頭、担任にまで言われているのに運動会の最中にTwitterをする。同じく、一人称を私にしなさいと言われたのにそれは自分自身で決めることですと言って、『ボク』と言い続けると言った子供に何も言わない。また、間違った発言や思慮の足りない発言をしても、訂正はしても謝らず、削除しないまま論破するのが偉いというような教育。

これでは、言い訳や嘘が常套手段の大人になって、将来苦労するのではと思いますが、私の勘違いなのでしょうか。

回答、よろしくお願い致します。 補足 私の知り合いのソーシャル・ワーカーも『何かは、はっきり解らないけど何か問題があると思う』と言っていました。

回答

教育的な問題はあると思います。11時から0時にツイッターをしていれば、眠る時間の問題で、身長などが成長しない可能性があります。
学校について書くのは、プライバシーの問題が出てきて子役本人に危険が出ます。
ツイッターの一人称がボクなのは、幼いならと一見普通ですが、その子役って女の子ですよね。以前可愛い女の子がすぐ泣く芝居という番組を見ましたが、あの子はボクでした。すごく可愛いものの、オタクっぽい言動で、子供っぽいため将来的にはダメだろうと思いました。

子役で大成した子が大人になって活躍できないジンクスというのが、昔アメリカなどの子役でもありました。
最近では子役からのスターもいますが、何らかの依存症だった時期のある子役が多いというのが知られています。
ハリー・ポッターの主役のダニエル・ラドクリフ君でさえもアルコール依存症の時期がありました。
子役の親が教育関係者などで子の教育に熱心であれば、また違う可能性はありますが、子役の親は教育問題についてよく批判されています。

(yahoo!知恵袋より)